2019年3月20日水曜日

人手不足を機械翻訳で補うことが可能か?

我々は、将来、1日6時間労働制を導入しようと考えています。機械翻訳が使えば、1日6時間しか働かなくても1日2500ワードは実現可能だと思う。

1日6時間の労働制というのは、例えば、10:00~17:00(60分の休憩を含みます)です。書いてみるとそんなに時間短縮になったような印象はありません。

一斉に6時間勤務に移行することは難しいだろうから6時間で2500ワード翻訳できるスタッフから6時間勤務に移行させてもいいかもしれません。

人手不足だと言っても実際人手はそんなに不足しているわけではない。昔のままのやり方をやっているから人手不足だと感じるだけだ。

2019年3月18日月曜日

オフィスを持たない事務所運営を考える

物理的オフィスを構えなくても事務所経営は可能である、とよく本にそう書いてある。僕も同感だ。現在、お借りしてるWeWork のスタッフさんはそんな感じでお仕事をされている。勿論、受付カウンターは、ある。1つだけ専用に使ったおられるデスクはある。しかしそれだけである。始業前のミーティングは、開いている長机でやっておられる。各自のデスクはないようだ。PCはあるようだが。

経費削減のためというより新しい働き方を追及した結果ではないかと思う。WeWorkさんを利用すると仮定すると、スタッフの人数分の席を確保するのであれば事務所を借りた方がお安い。

我々は、仕事のやり方もそうだけど、働き方も新しい形を探し求めている。時代に合わせた働き方をしたい。

2019年3月16日土曜日

MTPEを使えば一日に何ワード翻訳(PE)できるか?

結論から申し上げて、1日にできるPEは、3500~4000ワードでしょう。プロの翻訳者さんなら1日で2000~2500ワード翻訳できると思いますので、倍処理できるようにはならないと思います。PEと言え、1日に5000ワードできるのであれば、相当早いスピードだと思います。

2019年3月13日水曜日

G Suite に障害発生!

3月13日午前11時ごろから、Googleが運営するメールサービス「Gmail」やオンラインストレージサービス「Google ドライブ」で、添付ファイル付きのメールが送受信しづらかったり、保存したファイルが開きづらかったりする障害が発生している。

GmailとGoogleドライブで障害 メールの送受信や添付ファイルのダウンロードなどが安定せず

3/13 15:22現在のG Suite ステータスダッシュボード

だそうです。社内のコミュニケーションは、ビジネスチャットを使用しているので特に問題はありませんでした。こういうときは、チャットは便利だと思います。

ただし全然問題ないですというユーザさんも多数いらっしゃったみたいです。影響は、一部のユーザさんに対してだけなのかもしれません。

まぁG Suite さんも365日24時間稼働しているわけですからちょっとぐらい休ませて上げてもいいと思います。

2019年3月10日日曜日

テクノロジーは中小企業の人手不足の解決手段になりえるか?

大手さんが機械翻訳等テクノロジーを導入する場合は、クライアントからの要望で導入しているような印象を得た。中小企業は、クライアントの要望ではなく、社内の人手不足の解決手段として導入せざるを得ないのではないか?